×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MBA at SDSU

MBAでの成績

MBAでの成績は、大学などと同様、5段階評価(A,B,C,D,F)で行われます。SDSUでは、C以上を取れば単位を取得でき、総合のGPAが3.0以上で卒業できます。


重要視される主な項目

クラスにより構成要素やその配分は変わりますが、科目別で見ると以下のような項目を重視しているようです。

会計学: 中間試験・期末試験
財務: 中間試験・期末試験
経営学: 授業参加点・ペーパー・グループ課題
マーケティング: 授業参加点・ペーパー・グループ課題


授業参加点 授業で発言し、クラスでの議論にどれだけ貢献したかをチェック。ディスカッション中心のクラスで採用されることが多い。
ペーパー(個人) クラスの内容を基に自分の意見をまとめるレポートの宿題。複数回の提出を要求するクラスも多い。
グループ課題 4〜5人のグループを組み、プレゼンテーションやペーパーの作成を行う。プレゼンを2回以上するクラスが多い。
中間試験 セメスターの中間期に行われる理解度テスト。2回以上行うクラスもあるが、ペーパーやプレゼンテーションで代用するクラスも少なくない。
期末試験 セメスターの期末に行われる理解度テスト。最も成績に影響するものの一つ。


GPAの基準

SDSUでの大学院のGPAの基準は以下のようになっています。また、SDSUはプラス/マイナス グレーディングを採用しており、より細かい成績の付け方を行っています。

成績 GPA 基準
A 4.0 際立って良い成績で、最高の成果を残す事。
B 3.0 平均をクリアしており、要求された内容を満足する事。
C 2.0 単位取得最低基準。
D 1.0 単位取得不可。再履修を要す。
F 0.0 落第点。
  A   =  4.0    B+  =  3.3  C+  =  2.3    D+  =  1.3  F   =  0  
  A-  =  3.7    B   =  3.0  C   =  2.0    D   =  1.0                
           B-  =  2.7  C-  =  1.7    D-  =  0.7                             



関連HP

サンディエゴ州立大学 大学方針