×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MBA at SDSU

MBAコースのクラス


カリキュラムには、必修科目・必修選択科目・選択科目があります。ここでは、実際に私が履修したクラスについて紹介していきます。

◆資料はこちらから・・・Bulletin of MBA

2004年 秋セメスター   2005年 春セメスター
2005年 夏セメスター   2005年 秋セメスター
2006年 春セメスター




2004年 秋セメスター

概要

必修科目を取っていることが受講条件(Prerequisite)になっているクラスが多いので、最初のセメスターで受講したのは必修科目のみでした。


カリキュラム


8:00 - 9:45 Statistical Analysis

Statistical Analysis

10:00 - 11:50 Organizational_Behavior
Financial Accounting
図書館 Organizational_Behavior
Financial Accounting
図書館 Group Meeting
13:00 - 15:40 Group Meeting Group Study Marketing Group Study 図書館
16:00 - 17:50 Managerial Economics 図書館 Group Meeting 図書館 図書館


は自習時間


授業内容

Statistical Analysis(必修)
コード: BA652
講師: Lackritz
概要: 統計学の基礎

統計について学ぶということにとどまらず、解析したデータから何を読み取り、いかに他人を納得させるかということに主眼を置いた授業。

Managerial Economics(必修)
コード: BA653
講師: Ely
概要: 経済学の基礎

需要理論や市場構造などのミクロ経済学の基礎が主な内容。特定の会社をピックアップし、製品需要の分析を行った。

Marketing(必修)
コード: BA655
講師: Brooks
概要: マーケティングの基礎

自社および市場分析の方法や販売戦略の立て方など、マーケティングの基礎。ケーススタディでは、自社の強み・弱みを分析し、どの市場にマッチしているか、また狙った市場を捕らえるにはどういった戦略が必要かを検討した。また、新商品のマーケティングをグループで行い、プレゼンテーションを行った。

Organizational Behavior(必修:前期)
コード: BA651
講師: Shore
概要: 組織行動学

8週間のクラス。組織構造・組織内の政治力・組織文化の3つに着目し、部門間および部門内で、どのような組織を作り、どのように行動すれば組織が正常かつ効率的に働くかを、様々なケースを用いて討論した。企業文化の強い日本企業の変革に欠かせない内容。

Financial Accounting(必修:後期)
コード: BA650
講師: Houskeeper
概要: 会計学の基礎

8週間のクラス。売掛金や買掛金など、基礎的な項目を使い、バランスシートと損益計算書の作成方法を学んだ。




2005年 春セメスター

概要

残っている必修科目を全て取り、必修選択科目を2つ取りました。


カリキュラム


9:30 - 10:45 図書館 Financial Management I
図書館 Financial Management I 図書館
11:00 - 12:50 Group Meeting Operations_Management
Managerial Accounting
図書館 Operations_Management
Managerial Accounting
図書館
14:00 - 18:00 図書館 Group Study 図書館 Group Meeting Group Study
19:00 - 21:40 Group Process & Leadership
Marketing in Digital Networked Environment



は自習時間


授業内容

Financial Management I(必修)
コード: BA665
講師: Sterk
概要: 財務管理

会社経営や株式投資の目安となる財務指標について、また、時間と共に変化する資産価値の評価方法など。要するに、財務のいろはです。

Operations Management(必修:前期)
コード: BA662
講師: Lund
概要: 運営管理

8週間のクラス。品質管理や在庫管理などといった管理手法に関する授業。理論より実践を重視するクラス。平均以上の成績を取るには、問題を解くだけでなく、導き出された答えを用いて議論を発展させることが問われた。

Managerial Accounting(必修:後期)
コード: BA660
講師: Grudnitski
概要: 管理会計

8週間のクラス。利益が出る最低売り上げ個数の算出法や、原価計算・コスト計算の様々な手法など、経営サイドの立場に立った会計手法に関する授業。

Group Process & Leadership(必修選択)
コード: MGT721
講師: Chung-Herrera
概要: グループ形成とリーダーシップ

組織とは何か、組織を束ねるにはどういったスキルが必要か、などがテーマ。ゲームや心理テストを用い、組織の成長過程や、状況により変化するリーダーシップスキルなどを紹介。

Marketing in Digital Networked Environment(必修選択)
コード: MKT768
講師: Honea
概要: デジタルネットワーク社会でのマーケティング

デジタルネットワークが社会に与える影響や、顧客心理の変化など、社会学に近いテーマ。メディアの歴史からインターネットビジネスまで、幅広い内容を網羅。




2005年 夏セメスター

授業内容

Competitive Analysis of Industry(必修選択)
コード: MGT626
講師: Martinez
概要: 業界内の比較分析

業界内の競争や業界を取り巻く環境について分析し、企業がどのような戦略を立てればよいかを考える。中長期のプラン作成に役立つ内容。
(クラスは火・木の6:00〜9:40で、6週間)




2005年 秋セメスター

概要

最後の必修選択クラスを取り、残りは選択クラスを取った。


カリキュラム


10:00 - 12:00 図書館 図書館 図書館 図書館 Group Meeting
13:00 - 15:40 図書館 図書館 図書館 図書館 図書館
16:00 - 18:40 Strategic Mgmt of Tech_&_Innovation 図書館
Family_Business Management
19:00 - 21:40 International Marketing Entrepreneurship
(18:00-20:40)

Financial Management II


は自習時間


は聴講


授業内容

International Marketing(必修選択)
コード: MKT769
講師: Saghafi
概要: 国際マーケティング

企業を国際化するには何が必要かを、各国の政治や文化を交えながら討論する。日米欧や中国が話題に上ることが多いが、南米や中東をテーマにしたケーススタディもある。

Strategic Management of Technology & Innovation(選択)
コード: MGT731
講師: Rhyne
概要: 戦略企画と革新的文化

戦略プランニングのツールの習得と、革新的な文化を根付かせる為の方法論がテーマ。ケーススタディを使って、実際に企業戦略を立てることが主な内容。

Entrepreneurship(選択)
コード: MGT724
講師: Senturia
概要: 起業

起業家の価値観からベンチャー企業の財務まで、起業家とその企業をあらゆる角度から分析し討論する。

Family Business Management(選択)
コード: MGT696
講師: Bianchi
概要: 同族経営学

株主、親族、経営陣の3者のバランス関係や、親族間の人間関係がどのように同族経営している会社に影響を及ぼすかを考える。

Financial Management II(聴講)
コード: FIN617
講師: Willoughby
概要: 企業財務

企業の資金調達や、投資先の選定方法が主なテーマ。




2006年 春セメスター

概要

選択クラスとコンサルティングプロジェクト(BA795)を履修。


カリキュラム


10:00 - 12:00 図書館 図書館 図書館 図書館 図書館
12:00 - 12:50 Japanese 322 Japanese 322 図書館 Japanese 322 Group Meeting
13:00 - 15:40 図書館 Consumer Behavior 図書館 図書館 図書館
18:00 - 20:40 Financing the Emerging Enterprise

Integrative Business Analysis


は自習時間


はアシスタント


授業内容

Financing the Emerging Enterprise(選択)
コード: FIN641
講師: Varaiya
概要: 起業のためのファイナンス

ケーススタディを基に、起業前後の資金調達や企業価値の計算法を学ぶ。起業時に、ファイナンスの知識がどれほど必要とされるか分かるクラス。

Consumer Behavior(選択)
コード: MKT760
講師: Appleton-Knapp
概要: 顧客心理

戦略プランニングのツールの習得と、革新的な文化を根付かせる為の方法論がテーマ。ケーススタディを使って、実際に企業戦略を立てることが主な内容。

Integrative Business Analysis(選択必修)
コード: BA795
講師: Toole
概要: コンサルティングプロジェクト

企業から依頼された案件をグループで解決する、MBAコース最後のプロジェクト。マーケティングリサーチの依頼が主だが、技術導入のためのリサーチなど、テーマは広範囲に渡る。グループワークを好まない人は、卒業論文を選択することが可能。






Kazu's サンディエゴ留学生活