×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Q&A
 よくメールで聞かれる内容をここに載せていくことにしました。あくまでも私たちの少ない経験の中からの回答ですので、これがベスト!とは言い切れないものがありますが、ご参考になれば幸いです。  もっと良いアイデア、ご意見をお持ちの方からの情報提供が頂けたら嬉しいです。

1: おすすめの地図は?
Thomas Guide San Diego Countyは、サンディエゴカウンティのどこへ行くにも役に立ちます。書店やセブンイレブン等でも売っていますが、ウォルマート、ターゲットなどの量販店にもあります。

2:日本式の布団を買いたい。
ZIONマーケット内の布団店に売ってます。時々週末のミツワでもみかけます。我が家は低反発マットレスパッド( 3" Memory Foam Mattress Pad)にスポンジタイプの安いマットレスパッドを重ねて日本の敷布団代わりに使ってますが、なかなか気に入ってます。

3:サンディエゴの気候と服装
サンディエゴのニックネームは、"America's Finest City"。
その一番の理由として誰もが"Perfect Weather"を挙げるほど気候に恵まれた土地です。夏は涼しく、冬暖かく、春・秋は快適、晴れの日が1年の大部分を占めます。日差しは1年中キツイので、外出の際はサンスクリーンが必要です。寒流が流れる太平洋のビーチは寒く、寒さに強くない日本人にとって遊泳可能シーズンは1年のうち、ほんの数週間だけだと思います。そもそも、アメリカ西海岸の海は残念ながら綺麗じゃありませんから、海水浴は・・・って感じです。ビーチは遠くから眺める方が綺麗です(苦笑)。

  春 朝夕は肌寒く、長袖が必要。天気が悪ければ一日中長袖が必要な日も。また、寒がりの人も一日中長袖。
  夏 家庭でどうしても冷房が必要なくらい暑い日は1年のうち1週間程度。
半袖+カプリや短パン+サンダルといった服装が目立ちます。
夏でも夕方以降に屋外に出る際や屋内で長時間過ごす場合(冷房がキツイので)は薄手の上着が必要。
  秋 春と同じような気温。半袖か薄手の長袖+ジーンズ等。
10月頃からサンダルを履く人は少なくなってきます。
  冬 クリスマス前後の時期が一番寒く感じるような気がします。真冬の夜はコートや厚手のジャケット類が必要な時もありますが、湿度が低いので寒さは穏やか。
 お昼前後の時間帯は半袖でも外を歩けるくらい温かい日も多いです。


4:日本人は多いですか?日本人が多いと英語の習得が遅れますか?
 サンディエゴは、日本人を含め、外国人がとても多い都市と言えると思います。これはサンディエゴの素晴らしい所のひとつだと思います。もちろんマジョリティーはアメリカ人ですが、ありとあらゆる国の人たちが住んでいるので、生活の中で他の国の文化に触れる機会がたくさんあります。国際人を目指す人には素晴らしい場所だと思います。
英語の習得はその人の努力次第ですから、アメリカのどこに住むかはあんまり関係ないと思います。私たちが出会ったサンディエゴに住んでいる日本人は、羨ましいほど英語が達者な人たちばかりです。

5:家具や日用品を買うのに便利なお店は?
 家具でも寝具でも何でもまずはウォルマートやターゲットなどの量販店で物色するのが便利だし安上がりな気がします。返品も他のお店より更に気軽に出来る雰囲気です。IKEAという家具店が人気ですが、収納家具やテーブル類は数ヶ月で壊れてくることが多く、値段は安いけれど耐久性も低いのでコストパフォーマンスから言うと高くつくかな、というのが正直な感想です。でも、ソファなど、組み立ての必要がないものは結構丈夫です。







生活情報TOPへ